食と観光の新たな領域を切り開く。

HOME > Research > 研究報告第1回

日本フードツーリズム学会 第1回研究発表会

概要

 下記のとおり、日本フードツーリズム学会の第1回研究発表会を開催しました。
午前の部では、当学会特別顧問の橋爪紳也教授より「フードツーリズムと地域創生」と題して基調講演をしていただきました。研究発表会には、学会員以外の方も参加で、延べ35名と盛況でした。
日本フードツーリズム学会第1回研究発表会チラシはこちらLinkIconJFTSno1190302.pdf

■日時:2019年3月2日(土)10:30~17:00(受付:10:00~)
■場所:大阪府立大学 I-siteなんば 2F S1会議室
■主催:日本フードツーリズム学会
 共催:大阪府立大学観光産業戦略研究所、大阪観光大学

■プログラム
【午前の部】10:30~12:20(受付:10:00~)
○開会あいさつ 
○基調講演 10:35~11:15
 「フードツーリズムと地域創生」
○研究報告会
・フードトレイル分科会活動報告 11:20~12:20 (報告40分、質疑20分)
【午後の部】13:20~17:00
○研究発表(報告15分、質疑15分)13:20~16:00
○うらなんばセミナー16:00~16:55
○閉会あいさつ

日本フードツーリズム学会第1回研究発表会を開催。2019.3.2


はじめての発表会でしたが、盛況でした。
(延べ35名の参加)

基調講演

「フードツーリズムと地域創生」

講演者:橋爪紳也氏

(当学会特別顧問)大阪府立大学研究推進機構特別教授
大阪府立大学観光産業戦略研究所長
大阪府特別顧問/大阪市特別顧問

フードトレイル分科会活動報告


発表者:李美花(大阪成蹊大学)、中子冨貴子(公立小松大学)、尾家建生(大阪府立大学)

研究発表(報告15分、質疑15分)

【午後の部】13:20~17:00
○研究発表(報告15分、質疑15分)13:20~16:00
・研究発表1「信濃川と日本海を結ぶ“潟”の食文化と歴史」近藤政幸(新潟経営大学)
・研究発表2「抹茶(Matcha)のグローバル化に伴う翻訳のあり方」佐藤晶子(大阪観光大学)
・研究発表3「宿坊における「寺ごはん」の打ち出し方に関する伝統と創造―テキストマイニングによる分析を通じてー」和栗隆史(大阪府立大学大学院博士前期課程)
・研究発表4「地域戦略としてのガストロノミーツーリズム」尾家建生(大阪府立大学)
・研究発表5「愛知県知多半島ブランド創出の動きについて」傍嶋則之(星城大学)

「信濃川と日本海を結ぶ“潟”の食文化と歴史」近藤政幸(新潟経営大学)

「抹茶(Matcha)のグローバル化に伴う翻訳のあり方」佐藤晶子(大阪観光大学)

「宿坊における「寺ごはん」の打ち出し方に関する伝統と創造―テキストマイニングによる分析を通じてー」和栗隆史(大阪府立大学大学院博士前期課程)

「地域戦略としてのガストロノミーツーリズム」尾家建生(大阪府立大学)

「愛知県知多半島ブランド創出の動きについて」傍嶋則之(星城大学)

うらなんばセミナー&ツアー

講師:森なおみ 氏(株式会社インリージョン、関西ワイナリー協会事務局長)

写真のコメント

写真のコメント

写真のコメント

写真のコメント

■申込方法:下記の内容を記載の上、申込先まで、E-mailにてお申し込みください。

・お名前(ふりがな)・ご所属・住所・電話番号・E-mailアドレス
※本学会の会員でご所属に変更がなければ、お名前だけで結構です。個人情報は、本学会での連絡に使用します。お名前とご所属のみ、当日の参加者名簿に記載させていただきます。
■申込先:大阪観光大学日本フードツーリズム学会事務局
E-mail:jimu@foodtourism.jp
■参加費:無料

■会場:大阪府立大学I-siteなんば2FS1会議室
【交通アクセス】
南海電鉄「なんば駅(中央出口)」下車、南海線東側の道を南へ約800m、徒歩約12分
地下鉄御堂筋線「なんば駅(5号出口)」下車、南へ約1,000m、徒歩約15分
地下鉄御堂筋線・四つ橋線「大国町駅(1番出口)」下車、東へ約450m、徒歩約7分
地下鉄堺筋線「恵美須町駅(1-B出口)」下車、西へ約450m、徒歩約7分、南海電鉄高野線「今宮戎駅」下車、北へ420m、徒歩約6分

発表者募集(締め切りました)

 下記の通り、第1回研究報告会を開催します。発表を希望する会員は、締切日までに事務局までご連絡ください。皆さん奮ってのご応募をお待ちしています。

■研究報告の発表者募集
・応募資格:日本フードツーリズム学会 会員
・応募締切:平成31年1月25日(金)17時まで
・応募方法:事務局までメールにて、報告者名、タイトル、概要(200字程度)を連絡。
・その他:発表後は『年報』に掲載するため、4頁または8頁に研究成果をまとめること。当日の報告資料は発表者が各自でコピーし、当日持参すること。
■申込先:大阪観光大学 日本フードツーリズム学会事務局
 E-mail:jimu@foodtourism.jp

|1|2|